自動車保険 告知義務 通知義務

自動車保険の告知義務と通知義務

自動車保険 告知義務

 

自動車保険を契約する際には「告知義務」があり、保険の契約者や記名被保険者は正確な情報伝えなればいけません。

 

保険者の名前や年齢のほか、被保険自動車の型式・記名被保険者の免許証の色・被保険自動車の年間予定走行距離・被保険自動車の使用目的・過去13ヵ月以内の自動車保険契約など様々な告知義務があります。

 

実は保険料を安くするために走行距離や使用目的を偽って申請する人がいるのです。
ですが、嘘の申告した場合は保険金が支払われないことがあります。

 

ですから必ず使用状況は本当のことを申告してくださいね。
でも転職や引越しで自動車の使用状況が大き変化することだってあります。

 

自動車保険の使用内容が変わった場合は、自動車保険会社に連絡して内容を変える必要があります。
もし差額が発生した場合は、その差額分を支払えば問題ありません。

 

申告時と状況が変わったときに保険会社に連絡することを「通知義務」といいます。
住所・使用目的・年間の走行距離・用途車種・登録番号などの変更があったら、すぐに保険会社に連絡しましょう。

トップページ > 車両保険の見積もりを比較して格安にする方法