等級ダウン 事故

等級ダウンの事故とは?

等級 ダウン

 

自動車事故を起こすと、通常は翌年のノンフリート等級下がって、保険料がアップします。
10等級だった人が交通事故を起こすと3等級ダウンして7等級になってしまうのです。

 

起こした事故によって「3等級ダウン事故」「1等級ダウン事故」「ノーカウント事故」の3つに分かれます。
どんな違いがあるのでしょうか?

 

A1等級ダウン事故
任意保険に契約した車が盗難・台風・洪水・落書き・イタズラ・窓ガラス破損などによって、車両保険が支払われた場合。

 

Bノーカウント事故
任意保険を契約した車による交通事故で人身傷害・搭乗者傷害の保険金のみが支払われた場合、弁護士費用特約のみが支払われた場合、ファミリーバイク特約のみを使った場合などはノーカウント事故となります。
ほかに等級が下がる事故がないなら翌年度は1等級上がります。

 

@3等級ダウン事故
任意保険を契約した車による交通事故で、対人賠償・対物賠償・車両保険が支払われた場合。
1等級ダウン事故・ノーカウント事故以外のものは3等級ダウン事故です。

事故を起こして自動車保険を使ったからと言っても、必ずノンフリート等級がダウンするわけではありません。

 

ロードサービスを使用してもノンフリート等級はダウンしませんので、エンストやパンク、鍵の閉じ込めなどは自動車保険会社に連絡しましょう。

トップページ > 車両保険の見積もりを比較して格安にする方法