自動車保険の仕組み

自動車保険の仕組みを簡単解説

自動車保険って、専門的な用語が多いのと仕組みが複雑でわかりにくいと思いませんか?

 

自動車保険のしくみを簡単に説明いたします。
自動車保険と言うからには、保障されるものがあります。

 

自動車保険 仕組み

 

まずは自分に対する保障と事故相手に対する補償があります。

 

事故の時、自分の体の怪我や障害、死亡した場合に備えるのが人身傷害か搭乗者傷害です。これらの違いは、保険金の支払われ方の違いです。
そして自分の車が壊れたときに備えるのが車両保険です。

 

事故の時、相手の怪我や障害、死亡させてしまった場合に備えるのが対人賠償です。
そして相手の車が壊れた時に備えるのが対物賠償です。

 

基本的にはこの4つで、どのくらいの保障にするかによって保険料が変わります。
対人賠償と対物賠償は事故相手に支払われる補償ですが、もしこちらに非があって加害者になった場合は自分の今後の人生を左右する大切な補償となりますので、無制限にしておきましょう。

 

人身傷害と搭乗者傷害は自分の怪我に備えるものなのですが、最低限の3000万円に加入される人が多いそうです。

 

問題なのが車両保険です。車両保険ももちろん加入しておいたほうがいいのですが、保険料が跳ね上がりますので車の状態によっては入らない人も多いです。
かなり乗った中古車、買い替えを検討している車なら、もし故障しても修理しないかもしれませんね。その場合は車両保険は必要ないかもしれません。

 

新車や修理費の高い外車、比較的新しい中古車はm車両保険をかけておく安心かもしれません。
ただ、事故で廃車になったとしても持っていた車の価値以上のお金は戻ってきません。

 

市場価値で30万円しかない車であれば、事故で廃車になったとしても最大で30万円しか出ませんから、新車を購入する費用というのは出ません。
ご注意ください。