車両保険の見積もりを比較して格安にする方法

車両保険の見積もりを比較して格安にする方法

自動車保険 車両保険 見積もり

自動車保険 車両保険 相場

自動車保険 車両保険 安い

自動車保険 車両保険 格安

 

自動車保険のしくみは複雑でわかりにくいですが、車両保険は自分の車の修理費に備えるものです。

 

もちろんどの車にもつければいいと思いますが、そうもいかないのです。
なぜなら車両保険をつけると、保険料が大幅にアップするからです。

 

車によっては車両保険は必要ないこともあります。
実際、自動車保険加入者で車両保険に加入している人は約50%だそうです。

 

車のローンが残っている人はもし事故で車がボロボロになっても支払いが残りますから、車両保険に入っておきましょう。

 

少しでも保険料を安くしたいなら、自動車保険一括見積もりで比較しましょう。

 

車両保険ありで見積もりを取った場合、特に保険料に大きな差が出ます。
ぜひ上手に活用して、保険料を最安値にしてくださいね。

 

自動車保険 車両保険

 

車両保険の必要性

 

自動車保険 車両保険

 

車両保険は契約した車両の修理費用などを補償するものです。

 

補償範囲の広い「一般型」と補償範囲を限定した「エコノミー型」とがあります。

 

よって、エコノミー型は一般型よりも保険料が安くなります。

 

・エコノミー型:火災や爆発・落書きやいたずら・窓ガラスの破損・飛来中もしくは落下中の他物との衝突・他の自動車との衝突や接触・台風や竜巻や洪水や高潮・盗難

 

・一般型:火災や爆発・落書きやいたずら・窓ガラスの破損・飛来中もしくは落下中の他物との衝突・他の自動車との衝突や接触・台風や竜巻や洪水や高潮・盗難
そして、電柱に衝突・自転車との接触・当て逃げ・転覆や墜落

 

※車両保険は事故によって損害が生じた時しか補償されませんので、故障による損害は対象外となります。
※また飲酒運転、無免許運転、危険ドラッグ使用などでの事故も補償の対象外となります。

 

ほかにも車両保険につけられる特約もあります。

 

<新車買替特約>
もし新車に車両保険をつける方には、新車買替特約もオススメです。
契約した新車が事故で大破した場合に新車に買い替える費用を補償するものです。
ただし、新車買替特約は盗難は補償の対象外です。

 

<事故時レンタカー費用特約>
車両保険の特約に事故時レンタカー費用特約があります。
これは事故で契約車両を修理している間のレンタカー費用を補償するものです。
どうしても生活に車がないと困る方にオススメです。

 

<車内身の回り品特約>
事故によって車内の室内やトランク内に積んでいた物の損傷や盗難などを補償するものです。車の中にいろいろなものを置いている方にオススメです。
5,000円の免責金額(自己負担額)があります。

 

※ただし車外のキャリアに固定してたサーフボードやスノーボードの事故での破損は補償対象内ですが、盗難は補償の対象外です。
※車内に忘れた現金や有価証券、切手や印紙、貴金属や宝石などは補償対象外です。

 

 

車両保険の必要性

 

車両保険は自動車保険の中でもちょっと扱いが難しいものです。
もちろん余裕があるなら加入したほうがいいのですが、車両保険だけで保険料がかなり上がるので車の状態によっては必要ないかもしれません。

 

ローンが終わっている・何かあれば自費で修理できる・もうすぐ買い替える予定がある このような場合は、車両保険は必要ないかもしれません。
もしローンの残っている車で事故を起こした場合に車両保険がついてなかったら、自費修理か二重ローンでの買い替えになります。
ですからローンが残ってる間は、車両保険があった方が安心ですね。

 

 

車両保険はあったほうが安心ですが、車によっては保険会社に車両保険の加入を断られるケースがあることを知っておいてください。

 

車両保険 激安

 

このように事故を起こす可能性の高いスポーツカーや山道走行を想定したRV車、盗難の多い車種は車両保険に加入することが出来ないようになっています。
それは見積もりの際に確認することができます。

 

そしてもう1つ注意点があります。
車両保険はその車の市場価値が上限となるということです。

 

車両保険 格安

 

市場価値の低い車で事故を起こした場合に、車両保険で新車に買いかえるということは出来ません。
もし車両保険で万が一の事故の場合に修理費を全額出して欲しいなら、保険料のアップを覚悟して車両全損時修理費特約をつけなければいけません。

 

こうやって見ても、他の対人賠償・対物賠償・人身傷害などに比べても条件が厳しいのです。

 

 

自動車保険のロードサービスとは?

 

自動車保険 ロードサービス

 

自動車保険は自動車事故の時だけ活躍するものではありません。
契約車両のパンクやガス欠などのトラブルも対象となります。それがロードサービスです。

 

しかも嬉しいことにロードサービスを利用しても等級はダウンせず、翌年の保険料に影響はありません。
では、どんなサービスがあるのでしょうか?

 

<車へのロードサービス>
@バッテリー上がり
Aパンク
Bキーの閉じ込め
Cガス欠
Dレッカー移動
Eその他のトラブル

 

契約している車が動かなくなった場合に、置き去りは困りますね。

 

<人へのロードサービス>
@帰宅費用サポート(自宅もしくは目的地まで)
Aレンタカー費用サポート(24時間まで)
B宿泊費用サポート(1泊まで)

 

保険会社によってレッカー移動が「50kmまで無料」のところと「100kmまで無料」のところなどロードサービスの内容に差があります。
どんなロードサービスがあるのか、保険に加入する前に確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

自動車保険の保険料は安い方が嬉しいと思いませんか?

 

保険料を決める要素は、あなたの年齢、等級、免許の色、走行距離、車に乗る頻度なのによって決まります。
さらに補償の内容でも保険料は大きく変わります。
中でも、車両保険の有無は保険料を大きく変えますので必要かどうかまず検討する必要があります。

 

車両保険が補償してくれるのは、@他車との衝突A盗難や落書きB火災や水害などの自然災害C自損事故D当て逃げなどがあります。

 

一般的な車両保険というのは@〜Dすべてが含まれていますが、これだと保険料がかなり高いのです。

 

そこで、@だけ補償するエコノミーとAとBを補償する限定A、@〜Bを補償するエコノミーと限定Aの混合とが選べるようになっています。
補償内容を限定することで、車両保険に加入しつつ保険料を下げることができます。

 

大きな川の近くで水害が多い場所にお住いなら、限定Aをつけるなど自分で工夫することができますね。

 

車両保険をつけるかどうか、さらにつける場合はどれにするか決めたら、あとは自動車保険一括見積もりがオススメです。

 

自動車保険 探す

 

あなたの自動車保険の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
自動車保険を安くしたいなら、複数の保険会社から見積もりを取って比較するしか方法はありません。

 

簡単便利なのに、利用料は無料です。ぜひご活用くださいね。